指定特定相談支援

指定特定相談支援

家族が抱えるさまざまなお悩みやお困りごと、ご相談下さい。

平成25年4月からさくら学園敷地内に指定特定相談支援事業「相談支援センターさくら」を開設しました。

当事業所では、相談支援専門員が障がいのある方やお子さん、その家族が抱えるさまざまなお悩みやお困りごとについてご相談に応じ、必要な障害福祉サービスを利用する前にサービス等利用計画(又は障害児支援利用計画)を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援(計画相談支援)を行っています。

外観

サービス利用には

「サービス等利用計画」又は「障害児支援利用計画」の作成が必要です。

平成24年4月の障害者自立支援法・児童福祉法の一部改正により、障害福祉サービス、障害児通所支援を利用するすべての利用者の方に、サービス等利用計画(又は障害児支援利用計画)を作成することになりました。

サービス等利用計画・障害児支援利用計画とは?

サービス利用者を支援するための中心的な総合計画(トータルプラン)です。
障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える問題の解決や、適切なサービス利用に向けてケアマネージメントにより、福祉・保健・医療・教育などの幅広い支援から、本人にとって適切なサービスの組み合わせを記載します。
障害福祉サービスを利用するためには、「サービス等利用計画」又は「障害児支援利用計画」を市に提出することが必要となりました。

計画作成にかかる費用は?

計画作成の際に、利用者が負担する費用はありません。

相談支援センターさくら

日中活動

  • 日中活動
  • クラブ活動
  • 余暇活動
  • 地域交流
  • 行事
  • お知らせ
  • 経営状況
  • 広報誌
  • 年間行事
  • 作品紹介
  • 社会福祉法人武蔵野会